映画・ドラマ

映画『ダークタワー』ネタバレ!あらすじ&キャストと原作との違いをチェック

 

 

スティーブン・キング自身がライフワークと呼ぶ大長編「ダーク・タワー」がついに映画化されました。

 

英国幻想文学大賞を受賞した独特の世界観を漂わせるダーク・ファンタジーとでも言うべき内容です。

 

日本での公開は2018年だそうですが、気になるのはあの原作の内容をどこまで、いや、あの原作のどこの部分を映画に仕上げたのかという点です。

 

あの壮大な原作を読んだ人なら疑問に思うはずだし、スティーブン・キングの一ファンの私としてもちょっと心配なんですが・・・。

 

Sponsored Links

 

スティーブン・キング原作の「ダーク・タワー」とは?

 

スティーブン・キングという名前は誰もが耳にしたことがあると思います。

 

特異な世界観を描く作風は、たんにホラー小説とばかり呼べるものじゃなく、読む者に不思議な感動すら与えます。

 

映像化のネタとしても重宝され、ハリウッドでも「いらっしゃいませ」状態・・・。

 

これまでにも数々の原作が映画化され、それら作品のどれもが印象的です。

 

個人的には、

 

・1976年「キャリー」ブライアン・デ・パルマ監督

 

・1983年「クリスティーン」ジョン・カーペンター監督

 

・1986年「スタンド・バイ・ミー」ロブ・ライナー監督

 

・1994年「ショーシャンクの空に」フランク・ダラボン監督

 

・1999年「グリーンマイル」フランク・ダラボン監督

 

・2001年「アトランティスのこころ」スコット・ヒックス監督

 

・2007年「ミスト」フランク・ダラボン監督

 

なんかがとくに記憶に残っています。

 

スタンリー・キューブリックが映像化した「シャイニング」という作品も有名ですが、こちらは原作ファンにとっては1997年のテレビドラマ版の方が、より“らしく”観ることができました。

 

 

 

最近では、これまた大作の「IT」が映画化され、間もなく日本公開ということで話題になっていますよね。

 

 

 

さて、そんなハリウッド御用達の小説家スティーブン・キングですが、「ダーク・タワー」はちょっと特別な作品なんです。

 

1982年に「ダーク・タワーⅠ ガンスリンガー」が刊行され、その後、

1987年「ダーク・タワーII 運命の三人」

1991年「ダーク・タワーIII 荒地」

1997年「ダーク・タワーIV 魔道師と水晶球」

2003年「ダーク・タワーV カーラの狼」

2004年「ダーク・タワーVI スザンナの歌」

2004年「ダーク・タワーVII 暗黒の塔」

という具合に出版された、全7作からなる壮大な物語であります。

 

実はこの作品、これまでの多くの作品と関連づけられているんです。

 

スティーブン・キングはこれまでに数々の怪奇な出来事をストーリーとして残しています。

 

その裏には多次元世界という独特の思想があって、これら多くの不可解な現象は、本作に登場する「ダーク・タワー」の異変によるものだとしているようなんです。

 

つまり、これまでのスティーブン・キングの世界の根源をつかさどる存在という位置づけで、それを物語として書き上げたのが「ダーク・タワー」シリーズなんですってよ。

 

これまで表現してきた突飛な世界観の理由付けなのか、帳尻合わせなのか、そもそもそんなことを説明する必要があったのか、その発想については判然としないです。

 

でも、この作品がスティーブン・キングにとっての集大成であることは間違いないようです。

 

Sponsored Links

 

映画「ダーク・タワー」のキャスティングは?

さて、「ダーク・タワー」がスティーブン・キングにとって特別な作品であることが分かったところで、今回の映画について見ていきたいと思います。

 

こちらが公開されている日本版トレーラー♪

映画「ダーク・タワー」日本版予告

 

 

で、こちらがオリジナル版オフィシャルトレーラー♪

THE DARK TOWER – Official Trailer (HD)

 

 

なかなかワクワクさせてくれる映像ですな♪

 

それでは、映画版で主要な役どころを演じるキャストをご紹介しましょう。

 

●イドリス・エルバ

ローランド・デスチェイン(ガンスリンガー)を演じます。

1972年9月6日、イギリス生まれの45歳(2017年10月現在)。

 

 

日本では意外に知られていないかもしれませんが、黒人として初めてジェームズ・ボンド役の候補にもなった俳優さんです。

 

遅咲きの感は否めませんが、2002年のテレビドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」で脚光を浴び、2007年に「28週後…」「アメリカン・ギャングスター」と立て続けに話題作に出演。

 

その後はもう「プロメテウス」「パシフィック・リム」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」と出まくってます。

 

今後の活躍次第では、オスカーに近い存在なんじゃないかなって勝手に想像しています。

 

 

●マシュー・マコノヒー

黒衣の男ウォルター・オディム、ガンスリンガーの仇役を演じます。

1969年11月4日、アメリカ合衆国テキサス州生まれの47歳(2017年10月現在)。

 

 

 

この俳優さんのターニングポイントになったのが1996年の「評決のとき」で主演に抜擢されたこと。

 

その後、2013年の映画「ダラス・バイヤーズクラブ」でHIVに感染した主人公を演じるために、なんと17キロ以上もの減量をして挑み、アカデミー主演男優賞に輝いています。

 

2016年の「追憶の森」では、渡辺謙さんとの共演で話題になりましたね。

 

 

●トム・テイラー

 

 

ガンスリンガーと道中を共にすることになる不思議な力を秘めた少年、ジェイク・チェンバーズを演じます。

 

素朴な容貌でどこにでもいそうな男の子ですが、これからの活躍に期待したいところであります。

 

Sponsored Links

 

映画「ダーク・タワー」のあらすじ&原作との関連性とは?

 

 

さて、いよいよネタバレにつながる映画「ダーク・タワー」の内容に迫ってまいります。

 

10年前からJ・J・エイブラムスロン・ハワードといった大御所によって映画化の話が浮上していたものの頓挫の連続・・・。

 

それもそのはず、これだけの大長編をどういった構成にするのかでモメちゃったみたい。

 

「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」みたいな連作にする案もあったようですが、商売としては収益率が悪いとかの理由で話が進まなかったようです。

 

それが今回、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本で知られるニコライ・アーセルによって実現したわけですが・・・!

 

 

ここからザックリですが、ストーリーのネタバレであります。

映画を観るまで知りたくない方はご注意くださいませ!

 

ニューヨークに住む少年ジェイクは、夜ごと奇妙な夢を見ます。

黒くて高い塔、黒衣の男、人間の容姿をした怪物、そして拳銃使い・・・。

それらを実在すると信じるジェイクは、見た夢の光景を絵に描いたりしています。

 

母親と義父は、実父の死がジェイクの精神状態に悪影響を及ぼしていると考え、施設に入れようと考えます。

そしてジェイクを迎えに来た人物は、なんと夢に現れた怪物!

逃げ出したジェイクは、これまた夢に見た異世界に通じる屋敷にたどり着き、そこから時空を越えて行くのでした。

 

そこは地球とは異なる、開拓時代の西部を思わせる荒涼とした世界・・・。

そこでジェイクは、夢で見た拳銃使い、ガンスリンガーのローランドに出会います。

 

ローランドは父親の仇である黒衣の男ウォルターを倒すという目的を持っています。

 

当初ジェイクのことを怪しんでいたローランドでしたが、自分の名前やウォルターの存在、さらにはダーク・タワーのことまでも知っている彼に驚き、奇妙に感じながらも行動を共にするようになります。

 

実は黒衣の男ウォルターは魔術師のようなヤツで、ダーク・タワーを破壊することをもくろんでいます。

そのために、地球から能力のある子どもを拐っては、妙なマシンを使って共鳴させ、発生したエネルギーを使ってダーク・タワーに打撃を与えているのでした。

 

このダーク・タワーは、世界の秩序を保つための存在。

ウォルターはこれを破壊して闇の世界を開放し、地球も破壊してしまおうと企んでいたのです。

 

ジェイクがこの異世界に侵入したことを知ったウォルターは調査を開始。

すると、ジェイクにはたった1人でダーク・タワーを破壊できるほどのエネルギーが秘められていることを突き止めます。

 

狙いを定められたジェイク・・・。

 

その間、女性占い師によって、地球のニューヨークにウォルターが潜む場所へ通じる光の扉があると聞かされるローランドとジェイク。

 

そこから光の扉によってニューヨークへ向かう2人。

それを追って来るウォルターの手下たち。

 

ニューヨークの実家では、ジェイクの母親がウォルターの手にかかって命を落としていました。

怒ったジェイクはローランドから銃の使い方を学びます。

 

ウォルターの居場所へ向かう2人。

ところがジェイクはウォルターに捕えられ、ダーク・タワーを破壊するためのマシンにかけられます。

 

ジェイクの凄まじいエネルギーでダーク・タワーは崩壊寸前・・・。

それでもジェイクは力を振り絞り、ローランドに自分の居場所を伝えます。

 

ローランドとウォルターの決死の戦い。

宿敵ウォルターを倒したローランドは、ダーク・タワーを破壊するためのマシンをぶち壊します。

 

地球のニューヨークへ戻ってきたローランドとジェイク。

これからも一緒に来て欲しいと頼むローランドにジェイクは、母親がいなくなった地球にもう用はないと了解するのでした。

 

 

だいたい以上なんですけど、原作者のスティーブン・キングは、ローランド役のイドリス・エルバに満足を示しつつ、この映画は小説の続編である・・・みたいなことを監督とともに明言しているそうです。

 

 

原作のラストを読めば納得できる気もするんですけど、鑑賞後の感想は原作ファンにとってもそれぞれ・・・。

 

私個人としては、ローランドの拳銃が西部開拓時代の初期のシングルアクション・アーミーのようで、ウェスタンファンとしてちょっと食いついちゃいますね♪

 

ディテールにはこだわってくれているんだなって。

 

あとは来年2018年1月の日本公開を楽しみに待っていましょう♪

 

Sponsored Links

 

ピックアップ記事

  1. TBS心霊写真の合成疑惑!元画像との比較で捏造確定?真相が気になる!
  2. 松本まりかの結婚相手は誰?山田孝之との関係は?えくぼや声が可愛い!
  3. 不二家カントリーマアムCMの女性は誰?モデルのkanocoが気になる!
  4. イオンAEONお買物アプリCMの女優は誰?元気に踊る山口尚美をチェック!
  5. 日食なつこプロフィール!本名や高校は?ドラムのkomakiも気になる!

関連記事

  1. 映画・ドラマ

    辻一弘(特殊メイク)のプロフィール!経歴や担当作品タイトルが凄い!

    2018年3月公開予定の映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. テレビ番組

    川口春奈は顔が大きい?画像&動画!岡村隆史とのツーショットで比較!
  2. テレビ番組

    臼杵寛(うすきかん)のWiki!三ちゃんの相方になった理由は?
  3. 社会・生活

    運転免許制度改正が2017年3月12日?何が変わるのかを調査!
  4. アイドル

    村治将之助が合格した東京芸大の偏差値は?父親の後を継ぎJr卒業?
  5. テレビ番組

    ガキ使笑ってはいけない2017年末ロケ地は千葉勝浦?テーマはヘイポー州立おまめ中…
PAGE TOP