映画・ドラマ

ジュリエット・ビノシュ出演のおすすめ作品!岩田剛典を絶賛の大女優!

 

 

河瀬直美監督の最新作『Vision』に出演するEXILE、三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんが、本作に主演するフランス出身の大女優ジュリエット・ビノシュさんから絶賛されているそうな・・・。

 

映画好きの私としては印象深いビッグネームで、日本で知られるようになった頃からほとんどの出演作品を拝見している女優さんであります。

 

でも、岩田剛典さんのファンの中には、もしかしたら、

「誰、それ?」

なんて方もおられるかもしれません。

 

そこで、ざっくりですがジュリエット・ビノシュさんのプロフィールと、おすすめの出演作品をご紹介してみようと思いますよ♪

 

Sponsored Links

 

ジュリエット・ビノシュのプロフィール

まずはWikipedia大先生を参考に、ジュリエット・ビノシュさんのプロフィールをまとめておきます。

 

 

名前: ジュリエット・ビノシュ

本名: Juliette Stalens Binoche

出身: フランス パリ12区

生年月日: 1964年3月9日 53歳(2018年1月現在)

 

フランス人の父親とポーランド人の母親の間に生まれたジュリエット・ビノシュさん。

 

父親のジャン=マリ・ビノシュは、彫刻家であり俳優であり演出家でもあるという多彩な人物。

母親のモニーク・スタレンスも女優として活動していました。

 

ただ、両親はジュリエット・ビノシュさんが4歳のときに離婚・・・。

幼少の頃は両親双方の家とカトリック系の寄宿学校を行き来していたそうです。

 

そんな両親の影響もあったのか、それとも遺伝的な気質なのか、パリの芸術高校に進んだ後に、フランス国立高等演劇学校(CNSAD セー・エヌ・エス・アー・デー)で学んでいます。

 

初めて出演した映画は1983年の『Liberty Bell』という作品。

 

その後、1985年の『ゴダールのマリア』『ランデヴー』に主演するなどして、フランス国内で人気を得ました。

 

ジュリエット・ビノシュの受賞&ノミネート履歴

ジュリエット・ビノシュさんの受賞歴とノミネート歴を年代順にまとめてみました。

 

① 1985年「ランデヴー」
ロミー・シュナイダー賞
セザール賞主演女優賞(ノミネート)

② 1986年「汚れた血」
シュザンヌ・ビアンケッティ賞

③ 1991年「ポンヌフの恋人」
ヨーロッパ映画賞 主演女優賞

④ 1993年「トリコロール/青の愛」
ヴェネチア国際映画祭 女優賞
セザール賞 主演女優賞

⑤ 1996年「イングリッシュ・ペイシェント」
ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)
アカデミー助演女優賞
英国アカデミー賞 助演女優賞
ヨーロッパ映画賞 女優賞

⑥ 2000年「ショコラ」
アカデミー主演女優賞(ノミネート)

⑦ 2010年「トスカーナの贋作」
カンヌ国際映画祭 女優賞

 

「トリコロール/青の愛」のヴェネチア、「イングリッシュ・ペイシェント」のベルリン、「トスカーナの贋作」のカンヌで女優賞を受賞したことで、世界三大映画祭すべての女優賞を受賞したことになります。

 

Sponsored Links

 

おすすめのジュリエット・ビノシュ出演作品

以下、独断と偏見でジュリエット・ビノシュさんの出演した作品を一部だけ選りすぐってみたいと思います。

 

ジュリエット・ビノシュの作品として人気の高いのが、2000年の「ショコラ」

 

 

忘れてはならないのが、ジュリエット・ビノシュの名を世界に広めるきっかけになった作品が、1986年の「汚れた血」

 

 

「汚れた血」でブレイクしたジュリエット・ビノシュが、初めて出演したアメリカ映画が、ダニエル・デイ=ルイスと共演した1988年の「存在の耐えられない軽さ」

 

純真な田舎育ちの娘役を、切なくも美しく演じています。

 

 

1991年の「ポンヌフの恋人」は、個人的にかなり衝撃を受けた作品。

 

「汚れた血」のレオス・カラックス監督による、切なくも妙にロマンチックな物語で、オープニングのバイオリンの音色とともに走り出すカメラワークが印象的です。

 

 

また、個人的には、名匠ルイ・マル監督による泥沼劇、1992年の「ダメージ」でのジュリエット・ビノシュの演技も印象深いものがあります。

 

ストーリーとしては目を覆いたくなるような背徳感に溢れた内容だけど、ジェレミー・アイアンズとの共演は実にハマっている気がします。

 

>>> 【メール便送料無料】ダメージ HDリマスター版 (DVD)

 

 

国内で流通しているDVDは版権が切れたり移ったりで、市場には中古のものが目立ちます。

 

テレビでは放映しづらい内容の作品が多いし、再リリースしてもあまり売れないと思われているのかな・・・?

 

でも、河瀬直美監督の『Vision』がヒットしたり、また何かしらの賞を受賞して注目されれば、ジュリエット・ビノシュさんにもスポットが当たることでしょうね。

 

岩田さんのファンの目にも留まることだろうし♪

 

Sponsored Links

 

ピックアップ記事

  1. 忖度とは?森友学園問題を整理!解決すべき点と拡散された内容まとめ
  2. 【画像】ジャスティン・キッシュ試合中に脱糞するもファイター魂に称賛!
  3. 成宮寛貴のインスタアカウント特定!現在はスウェーデン在住でマッチョ?
  4. 秋元優里アナの不倫現場!竹林の場所はどこ?プロデューサーA氏と車内に?
  5. 吉方位2017【八白土星】の吉凶方位!毎月の開運日を分かりやすくチェック

関連記事

  1. 嫌われる勇気 イメージ
  2. アニメ

    ジョジョ実写化でファンの反応は?1こまツイートが切なく面白い!

    急遽浮上した「ジョジョの奇妙な冒険」第3部の実写映…

  3. 俳優・声優

    永野芽郁カルピスウォーター新CM先取り!16歳のオーラがスゴい!

    永野芽郁(ながの めい)さんがカルピスウォータ…

  4. モデル

    三軒茶屋のバーPはどこ?店名と場所を特定!ほのかりん飲酒の現場はここ!

    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音…

  5. トレンド・文化

    貞子vs伽椰子のストーリーは?ネタバレ的に物語の展開を予想!

    映画「貞子vs伽椰子」が6月18日に公開されるそう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. 社会・生活

    丸亀製麺の食中毒の原因はとろろ芋?麦とろ牛ぶっかけうどん販売中止?
  2. タレント

    サトラレ電波とは?所ジョージの世田谷ベースに落書き!犯人像は?
  3. 映画・ドラマ

    夏目雅子という女優!伊集院静との結婚や病没の真相をチェック
  4. モデル

    エスビー食品の李錦記(りきんき)CMの女性は誰?五明祐子をチェック
  5. 三菱地所2017CMイメージ

    ミュージック

    三菱地所レジデンス2017CMの女優は誰?内田真礼の人気がハンパない!
PAGE TOP