俳優・声優

高橋一生の鼻の病名は?粉瘤それとも皮膚がん?手術跡が気になる!

出典:top.tsite.jp

 

 

2017年、TBS系ドラマ「カルテット」でも注目された俳優の高橋一生さん。

 

最近では、3月1日に発売された「anan」でヌードグラビアを披露して、女性ファンのハートをガッチリつかんだ印象もあります。

 

羨ましいですな・・・。

 

私も若い頃は腹筋ムキムキで、よく人前で脱ぎたがったものでありますよ。

でも、すっかり太鼓腹になった今では、とてもそんな気にはなれませんわ。

 

さて、そんな今をときめく高橋一生さんですが、ここへ来て何やら鼻の傷跡が話題になっているようです。

 

私はこれまで気づかなかったんですけど、言われてみれば確かに、その形の良い鼻梁の右側に大きめな傷跡が見受けられます。

 

いろいろな情報がありますが、あれはいったい・・・?

 

スポンサーリンク

 

ひとまず高橋一生のプロフィールをチェック!

まずはちょっとだけ、高橋一生さんのプロフィールを振り返ってみたいと思います。

 

名前: 高橋 一生(たかはし いっせい)

生年月日: 1980年12月9日 36歳(2017年3月現在)

出身地: 東京都

身長: 175cm

職業: 俳優

活動期間: 1990年~

所属: 舞プロモーション

 

高橋一生さんが俳優デビューしたのは8歳のころ・・・。

1990年に映画「ほしをつぐもの」に初出演したときには9歳だったんですね。

 

翌1991年にはスタジオジブリのアニメ映画「おもひでぽろぽろ」、そして1995年には「耳をすませば」でも声の出演を果たしています。

 

とくに「耳をすませば」で演じた天沢聖司役は、ファンには広く知られているところだそうです。

 

2001年には扉座に入団し、舞台「フォーティンブラス」で準主役に抜擢された高橋さん。

 

その後の活躍は目ざましく、とくにテレビドラマの出演履歴はズラァ~っと出てきますね。

36歳の俳優のキャリアとは思えないくらい・・・。

 

その実力が認められて引っ張りだこになるきっかけとなったのは、2007年にあるみたいです。

 

NHK大河ドラマ「風林火山」の駒井政武役、そしてフジテレビ系「医龍-Team Medical Dragon-2」の外山誠二役・・・。

 

これらでの際立った存在感が、業界内外からの注目に値したようです。

 

それからはもう、

 

2013年 日本テレビ系「Woman」

2014年 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」

2015年 テレビ朝日系「民王」

2016年 関西テレビ&フジテレビ系「僕のヤバイ妻」

2016年 テレビ朝日系「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」

 

などなど・・・、すっかり超売れっ子俳優の1人となっています。

 

スポンサーリンク

 

高橋一生の鼻の傷痕は粉瘤?それとも・・・!?

さて、あれこれ噂される高橋一生さんの鼻の傷跡について・・・。

 

顔のアップ画像を拝見すると、確かに鼻の右側に大きな傷跡が残っているのがわかります。

 

Copyright (C) 2017 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.

 

 

実はこれ、以前にも話題になっていて、「粉瘤(ふんりゅう)」を除去した痕だと言われています。

 

「粉瘤」ってのは、鼻だけじゃなく、耳たぶにもよくできるコリコリとしたシコリですね。

 

たいていは放っておけば勝手に無くなるものなんですが、あまり大きくなるようなら、手術で除去するケースもあるんだそうです。

 

私も以前、左の耳たぶにできたことがあって、当初はすごく気になった記憶があります。

 

また、場所によっては炎症を起こして悪化することもあるようで、高橋さんの場合はこのケースに当てはまるんじゃないかって言うんですね。

 

ご本人が言ったのかどうかは知らないけど・・・。

 

でも、今回目にした報道には次のように書かれています。

 

「病魔が高橋さんを襲ったのは、そのころ。
彼にはずっと鼻の右側にデキモノがありました。
彼はそれが気になって08年秋に病院に行ったそうです。
そしたら『すぐに手術して腫瘍を摘出する必要があります』と深刻な診断が。
鼻の内側ではなく表面からメスを入れる手術だったため、傷痕が残ってしまう可能性も指摘されたそうです」(演劇関係者)

 

気になるワードは、「病魔」、「腫瘍」・・・。

 

しかも、ずっと気になっている状態で、医師からは「すぐに摘出する必要がある」と言われたわけですよね。

 

これって、皮膚がんだったんじゃないかなって・・・。

 

いや、決めつけることはできないんですけど。

 

けっこう最近、ハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンさんも鼻に皮膚がんができて摘出したって話を聞きました。

それを思い出しちゃうんですよね・・・。

 

高橋さんの場合、真相は判然としませんが・・・。

 

それにしても、俳優にとっては大変な決断だったことでしょうね。

いや、放っておくわけにもいかないから摘出することになるんでしょうけど、ショックだったろうなと・・・。

 

2009年に摘出手術を受けたそうですが、やはり大きな傷跡が残ってしまったそうです。

テレビドラマの出演履歴を見ると、2008年のテレビ朝日系「ゴンゾウ 伝説の刑事」から、2010年のWOWOW「SOIL」まで、8ヶ月間ほど空白になっています。

 

でも、結果、傷跡は残っちゃいましたけど、形の良い鼻梁は変わらないし、俳優活動も順調に行っている様子。

 

まずは良かったですよね、大事にならなくて。

 

こういう苦悩を乗り越えた人って精神的にも強くなって一皮むけると言います。

 

高橋さんにとって、もしかしたら、より真剣に俳優業を見つめ直す良い機会になったかもしれないですね。

 

これからの更なる活躍に期待したいと思います!

 

個人的には、もし「シン・ゴジラ」の続編があるようだったら、またあの演技を拝見したいところであります♪

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 高橋素晴プロフィール!現在の職業や居住地は?結婚や子供も気になる!
  2. 軽自動車の白ナンバー取得方法や料金と申込期間は?ラグビーWC特別仕様で脱黄色!
  3. 夜の巷を徘徊する2018年1月!キムタク&マツコが行く神社の場所をチェック!
  4. イヴァンカの大統領執務室の写真画像!批判より好意的な意見多く笑える♪
  5. 金与正の性格は冷酷?年齢や目尻のキズの理由は?目が怖いと話題に

関連記事

  1. 下剋上受験 イメージ
  2. モデル

    荻原桃子のプロフィール!小橋賢児と結婚した4歳下ファッションデザイナー

    東京都知事選挙で日本中が熱くなっているせいか、外の…

  3. 三菱地所2017CMイメージ
  4. モデル

    AbemaTV(アベマTV)CMの女子は誰?前髪パッツンが可愛い!

    無料のインターネットテレビ局として話題のAbemaTV(アベマTV…

  5. アイドル

    スミタス新CMの女子は誰?青い部屋で踊る長城祝華をチェック!

    スミタス株式会社の新CM「スミタスダンス」篇で、青い部屋の中で踊る…

  6. 社会・生活

    水嶋ヒロと株式会社じげん平尾丈の関係は?CLOとは何する役職?

    歌手の絢香さんの旦那さんで、自身も人気俳優だった水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. 芦田愛菜 イメージ
  1. 衆議院選挙2017

    衆議院選挙2017|静岡県の立候補者一覧!小選挙区の当落予想
  2. 映画・ドラマ

    フランケンシュタインの恋ネタバレ?キャストや原作のあらすじをチェック
  3. トレンド・文化

    ソードアート・オンラインとは?VRMMOとは?日本IBMが実現へ!
  4. VOD動画配信サービス

    U-NEXTの31日間無料の登録方法と解約方法!特徴やメリットとデメリットも!
  5. テレビ番組

    【結果発表】プロレス総選挙!本当にスゴイと思うプロレスラー上位20人
PAGE TOP