トレンド・文化

須賀しのぶプロフィール!【また、桜の国で】ネタバレや評判をチェック

また、桜の国で

出典:twitter.com

 

早いもので、第156回直木賞のノミネートが発表されましたね。

候補作品は以下のとおり♪

 

冲方丁・・・・・「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋)
恩田陸・・・・・「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)
垣根涼介・・・・「室町無頼」(新潮社)
須賀しのぶ・・・「また、桜の国で」(祥伝社)
森見登美彦・・・「夜行」(小学館)

 

いずれも知名度の高い人気作家のお歴々ですが、個人的には冲方丁さん、須賀しのぶさんに興味が向いてしまいます。

 

とくに須賀さんは昨今の注目度が高く、かつて話題になった「神の棘」以来、実に6年ぶりの刊行作品でのノミネートです。

 

これから本屋さんへ走る前に、須賀さん本人や候補作「また、桜の国で」について調べてみることにしましたよ♪

 

スポンサーリンク

 

須賀しのぶプロフィール

まずは須賀しのぶさんのプロフィールについて調べてみました。

 

「惑星童話」で1994年上期コバルト・ノベル大賞(現ノベル大賞)の読者大賞を獲得しているんですね。

 

いわゆるライトノベル中心の執筆活動だったみたいですが、2007年発表の「スイート・ダイアリーズ」から一般文芸の部門に移行しているようです。

 

そんな須賀さんのご尊顔がこちら♪

 

須賀しのぶ 画像

出典:hon.bunshun.jp

 

プロフィールを分かる範囲でまとめると次のようになりました。

 

名前: 須賀 しのぶ(すが しのぶ)
生年月日: 1972年11月7日 44歳(2016年12月現在)
出身地: 埼玉県
学歴: 埼玉県立浦和第一女子高等学校、上智大学文学部史学科卒業
【受賞歴】
1994年 「惑星童話」コバルト・ノベル大賞 読者大賞
2013年 「芙蓉千里」三部作 第12回センスオブジェンダー賞大賞
2016年 「革命前夜」 第18回大藪春彦賞受賞、第37回吉川英治文学新人賞(候補)

 

ライトノベル系の出身という点は冲方丁さんと共通しているのかな・・・?

 

ちなみに私はライトノベルと呼ばれる分野の作品を読んだことがないんです。

正直言って、その名のとおり「軽い」という先入観があり、あえて避けていたんですね・・・。

 

でもそれは大きな間違いだったし、エンタメの要素が大きい分、ストーリーや設定などに多大なアイデアやセンスが必要だと気付きました。

 

そして、当然ながら文章表現の能力も。

 

実際に須賀さんのような優秀な作家さんが多く輩出されているし、言ってみれば昨今の新人作家の登竜門のような位置づけになっているんですかね?

 

いきなり芥川賞を狙うとかいうよりも、書きながら着実にレベルアップきるだろうし、仕事としての執筆という体験を積み重ねられるわけですもんね。

 

もともと能力の高い人にとっては、むしろ近道なのかも・・・。

もっとも須賀さんのように頂点に立って成功する人はわずかなんだろうけど・・・。

 

スポンサーリンク

 

「また、桜の国で」のストーリーやネタバレ

さて、今回の直木賞候補となった作品「また、桜の国で」ですが、もともとは「革命のエチュード」というタイトルで「小説NON」に連載されていたんだそうな・・・。

 

それに加筆訂正を加えて刊行されたのが今回の作品だということみたいです。

 

「革命のエチュード」と言えば、ショパンの名曲「練習曲ハ短調作品10-12」とされるピアノ独奏曲です。

 

ショパンと言えばポーランドの前期ロマン派を代表する作曲家です。

 

この曲が、物語をより印象的に演出しているようですね。

 

けっこうたくさんの演奏がネットに上げられているんですが、ちょっと古くさい感じがイイなと思った動画をご紹介しておきます♪

 

Chopin : Etude in C minor op.10-12 「革命」 -Masao Takahashi, piano- 髙橋真生(ピアノ)

 

 

物語の舞台は、第二次世界大戦が勃発する前後のワルシャワ・・・。

 

主人公は亡命ロシア人の父を持つ日本の外務書記生である棚倉慎。

 

ヒトラーが周辺諸国への侵攻を企て緊張が高まる中、ワルシャワの日本大使館に着任するんだとか・・・。

 

慎はその容姿から、自身が日本人であることを受け入れがたい心境で育ったそうです。

 

そして幼い頃の、ポーランド人の孤児との出会いや思い出が、彼を外交の道へと向かわせたとされています。

 

戦争が近づく中、自分が何者なのか問い続ける主人公と、同じ思いにとらわれているヤン、カミルらとの出会い・・・。

 

そして3人が奔走する姿を、容赦ない展開とともに繰り広げると言います。

 

 

読後の感想をご紹介すると次のような感じです。

 

亡命ロシア人を父に持ち、その外見から日本人であることに確信を持てずにいた青年書記生と、彼を外交へと駆り立てた幼い日の出逢いが、そこでそうくるかという展開を見せる。

「神の棘」も強烈だったけど、この話も凄い。慎とカミルとヤン、自分は何者なのか、という確信をもてない三人が、ポーランドという、何度も国自体を奪われたまるで三人の象徴のようなその地で、それぞれ自分自身の存在そのものをかけて戦う姿が凄まじくも痛々しい。

歴史背景を理解するのにとても時間がかかり、自分の世界史の知識の無さに愕然としながらの読書。書記生の慎と共に少しは私も歴史を学べたような気がした。
「革命のエチュード」を聴きながら読んでいたら、ラストシーンで涙が溢れた。圧巻!!

三人で桜を見ることが実現すればどんなにか素敵だったのに

引用元:bookmeter.com ※一部抜粋

 

作者の須賀さんって、プロフィールにあるように上智大学文学部で史学を学んでいるんですよね・・・。

 

なるほど、史実や歴史描写においては専門家なわけですな。

 

最後のコメントがハッピーエンドではないことを物語っているようで、それなりの覚悟を持って読む必要がありそうです・・・。

 

504ページという大作なんで、がっつり読む時間を確保してから挑むことにしようと思います!

 

【参考】Yahoo!ニュース Twitter

 

スポンサーリンク
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夜の巷を徘徊する2018年1月!キムタク&マツコが行く神社の場所をチェック!
  2. チキンアタック動画の作者やヨーデルおじさんは誰?石井健雄をチェック
  3. 副業解禁でおすすめは?ネットビジネスなら人生の選択肢に脱サラも?
  4. 映画「マザー!」ネタバレ!日本公開中止の理由は?内容や設定がヤバい?
  5. 陣内智則&松村未央アナ結婚までの経緯!6月30日入籍予定も浮気が心配?

関連記事

  1. 芸能

    食べログゴールド2018!渡部建と佐々木希が誕生日に行く店はどこ?

    アンジャッシュの渡部建さんが、2018年1月24日に行われた「The …

  2. トレンド・文化

    バレンタインデー2018!デパートの通販や定番&おもしろチョコ情報!

    早いもので今年もバレンタインデーが近づいて参りました♪男性陣は一喜一憂…

  3. トレンド・文化

    ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)とは?いつ届く?注文多く生産追いつかず!

    ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社が自社ブランド「ZOZO」…

  4. 井上公造イメージ
  5. トレンド・文化

    ソードアート・オンラインとは?VRMMOとは?日本IBMが実現へ!

    日本IBMが発表したプロジェクト、「ソードアート・…

コメント

    • 髙橋真生(Masao Takahashi)
    • 2019年 5月 27日

    Jiroさん、はじめまして。私の演奏を取り上げて頂き、大変、光栄に存じます。
    技巧的には、他のピアニスト達の演奏に劣っていますが、私がこのエチュードに込めた想い、解釈の背景にあったものを、Jiroさんは見事に見抜かれましたね!
    私がウィーンのドイツ語学校に通っていたとき、円形のテーブルに気の合う人達同士が自然と座るのですが、私の隣には旧ユーゴスラビア人のバスケットボール選手が毎日、座っていました。そのとき、ユーゴスラビアの内戦が勃発しました。彼はその日も語学学校に来て、いつも通り、私の隣に座ったのですが、軽く2mを越える大きな奴が、失望と失意のあまりでしょうか、とても小さく見えました。そんな彼に掛ける言葉などありませんでした。「祖国が無くなるかもしれない、祖国にいる家族や友人達と、二度と会えないかもしれない」、彼は何も語りませんでしたが、隣に座っていると、彼の仕草や涙を浮かべた目、声のトーン、ちょっとした単語などから、そんな彼の想いがひしひしと伝わってきました。「何故、こんなにいい奴がこんな目に遭うんだ!」という激しい憤りに私は駆られましたが、私はそのような感情を必死で隠し、極力、普段通り、彼の隣に座っていました。彼もそれを望んで私の隣に座ったのだと思います。
    このエチュードの練習を始めたとき、私はそのユーゴスラビア人のバスケットボール選手のあの日の姿を思い出しました。
    そして、練習を重ねていくうちに、彼を通して知った「悲憤慷慨」の念が強くなり、ショパンが抱いたであろう想いのほんの「一欠けら」だけですが、この曲の中に反映されていったように思います。
    あのユーゴスラビアの内戦が私に多くを教えてくれましたので、演奏の最後の方は狂乱、狂気が顕著になってしまいましたが、私がこの曲で伝えたいことは「戦争を起こしてはならない」という、「平和」への強い祈りです。
    私の演奏を聴いて下さった方の中に、一人にでも、その想いを感じて頂ければと思います。
    長文、失礼いたしました。
    *お手数ですが、先の文章は間違って、投稿されたものですので、削除願います。

    • 匿名
    • 2019年 5月 27日

    JIROさん、はじめまして。
    私の演奏を取り上げて頂き、大変、光栄に存じます。
    技巧的には、他のピアニスト達に劣っていますが、私がこのエチュードに込めた想い、解釈の背景にあったものを
    JIROさんだけが見抜いて下さいました!
    私がウィーンのドイツ語学校に通っていたとき、円形のテーブルに自然と気の合う人達同士が座るのですが、
    私の隣には旧ユーゴスラビア人のバスケットボール選手が毎日、座っていました。そのとき、ユーゴスラビアの内戦が
    起こりました。彼はその日も語学学校へ来て、いつもの通り、私の隣に座ったのですが、軽く2mを越える大きな奴が
    私よりも小さく見えました。藤彼に掛ける言葉などありませんでした。
    祖国が無くなるかもしれない、祖国の家族や友人達と二度と会えなくなるかもしれない、
    彼は何も語りませんでしたが、隣に座っていると、彼の仕草やちょっとした単語などから、
    そういう想いが私に伝わってきました。「何故、こんないい奴がこんな目に遭うんだ!」という憤りに駆られましたが、
    私はその感情を必死で隠し、極力、普段通り、彼の隣に座っていました。
    このエチュードを練習し始めたとき、私はそのユーゴスラビア人のバスケットボール選手のあの日の姿を思い出し、
    彼を通して、私は「悲憤慷慨」の念を抱くことが出来ました。平和ボケしている日本人には無縁のことだろうと思いますし、
    私もあの内戦を知らなかったら、このような演奏にはならなかっただろうと思います。
    最後の方はショパンもこの時期に抱いたであろう狂乱、狂気

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. あの イメージ画像
  1. 社会・生活

    内田茂とは何者?自民党都連幹事長で都議会のドン?猪瀬直樹が糾弾!
  2. 社会・生活

    崔順実チェ・スンシルとは?韓国のラスプーチンの父親と朴槿恵大統領の関係は?
  3. 知恵袋

    大掃除の裏ワザ!最短で楽に終わらせる方法とは?便利グッズも紹介!
  4. 社会・生活

    ASKとは?キリン氷結CMの画像や問題点は?TRIGGERの幻作品をチェック
  5. テレビ番組

    【画像】Nスタが民進党の前原代表のテロップ間違って表示!ネット騒然
PAGE TOP