スポーツ・競技

村田諒太の次戦ゴロフキンとソーンダースを比較!WBCとWBOからオファー!

 

 

 

ボクシングのWBAミドル級タイトルマッチで、疑惑の判定によってフランスのアッサン・エンダムに敗れる形になった村田諒太選手・・・。

 

その判定は物議を醸し、なんとWBA会長のヒルベルト・メンドサJr.氏が謝罪コメントを発表するという異例の展開になりましたね。

 

どういう展開になるのかと注目される中、これとは別に、なんとWBCとWBOからタイトルマッチのオファーが舞い込んだんだそうな!

 

でも、WBCミドル級の現王者と言えば・・・!!

 

 

疑惑で混沌とする中、WBCとWBOから思いがけないオファーが!

さて、先日の試合の直後のコメントでは、

「村田はコンプリート(完璧)な選手ではなかった」

などと発言し、さも判定は当然だったかのような態度を見せたというアッサン・エンダム選手・・・。

 

でもその内容は、ダウン1回、ダウン同然のダメージ数回を含み、有効打も相手への圧力(主導権?)も村田選手が上回っていたと、誰もが感じるものでした。

 

唯一エンダム選手が勝っていたのは、その手数(繰り出したパンチの数)だけ・・・。

 

スポーツ競技としてのボクシングが手数を重視するのは知られていますが、ダウンや有効打数より優先順位が高いとは思えませんよね。

 

増してやプロのリングです。

 

素人目にもダメージが大きいのはエンダム選手の方だと明らかなのに、あのジャッジの割れ様はおかしいとしか言いようがありませんでした。

 

そもそも、採点基準の統一すらできていないってことですやね・・・。

 

世界的にも話題になり、これまで以上に評判を落とす勢いのWBA。

さすがにヒルベルト・メンドサJr.会長もヤバいと思ったんでしょうか・・・。

 

さて、会長の謝罪コメントの中では、村田選手VSエンダムの「再戦指令」まで飛び出していますが、村田陣営は慎重な姿勢のようです。

 

そりゃそうですよね・・・。

 

村田選手にしてみれば、かの一戦にすべてを注いで準備をしてきたわけで、

「結果がおかしかったからもう一度戦って♪」

なんて言われても、「はい、そうですか」とは行かないでしょうよ。

 

「だったら判定を訂正しろや!」

なんて声も聞こえてきそうですが、それはそれで村田選手としても後味が悪すぎます。

 

この疑惑の判定が世界的にも話題になって、結果的に村田選手の名前はさらに認知された感があります。

 

事実、WBCとWBOからタイトルマッチのオファーが来たって、村田選手の所属ジム(帝拳)が明らかにしたって言うんですから!

 

 

実現すれば相手は誰?WBCとWBOの現チャンピオンを比較チェック!

現段階で、村田諒太選手は今後の進退について明らかにしていません。

 

選択しとしては、WBAタイトルマッチの再戦、WBCまたはWBOのタイトルに挑戦、となるわけでしょうが、それも現役を続ければの話であります。

 

村田選手もすでに御年31歳ですからね・・・。

 

でも、ボクシングファンとしてはこれで終わりにしてほしくない!ってのがあります。

先日の疑惑の一戦で、少なくとも世界に通用することは分かったんだし・・・。

 

そこで、新たなオファー、WBC、WBOタイトルマッチが実現した場合、村田選手の相手となるであろう現チャンピオンについてご紹介したいと思います。

 

まずは、WBOミドル級王者から♪

 

 

 

名前: ビリー・ジョー・ソーンダース(Billy Joe Saunders)
※ビリー・ジョー・サンダースとも
生年月日: 1989年8月30日 27歳(2017年5月現在)
出身地: イギリス ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ
スタイル: サウスポー
戦績: 24戦 24勝 12KO 0敗

 

ディフェンスに定評があります。

比較的ガードも高く、常に足を使うのも特徴です。

 

攻撃面では、カウンターを狙うのが巧みで、そのためか手数は多くないと感じます。

 

問題の一戦の相手、アッサン・エンダム選手と比較すると、オーソドックスとサウスポーの違いはあるものの、ファイトスタイルには似ている部分が多いように思います。

 

もっとも、それほど手数が多くない分、村田選手にとっては相性が良いかもしれないとも感じます。

 

ガードも高くディフェンスも巧みですが、ちょくちょく低い姿勢で入ってくるので、その際にアッパーを合わせると有効ではないかと想像します。

 

 

そしてWBC・・・いや、WBC、IBFミドル級統一王者、さらにWBA世界ミドル級スーパー王者でもあるこの男。

 

 

 

名前: ゲンナジー・ゴロフキン(Gennady Golovkin)
※ゲンナディ・ゴロフキンとも
生年月日: 1982年4月8日 35歳(2017年5月現在)
出身地: カザフスタン カラガンダ州カラガンダ
スタイル: オーソドックス
戦績: 37戦 37勝 33KO 0敗

 

とにかく強いことで有名なチャンピオン・・・。

ファン対応や対戦相手への気遣いなど、人格者としても知られる人物です。

 

「GGG(トリプルジー)」なんて愛称があり、「God of war(戦いの神)」、「Good Boy(好青年)」、「Golden Boy(ゴールデンボーイ)」などとも呼ばれます。

 

強い選手には愛称がつきものですもんね。

 

 

で、特筆すべきは、その類まれな攻撃力。

 

パンチの破壊力、上下への打ち分け、相手を休ませない手数、打たれ強さ、いずれについても他を圧倒しています。

 

印象としては、フェイクのパンチがなく、いずれのパンチを当てても相手を倒せるくらいのパワーを感じます。

 

正直言って、村田選手にとってそうとうハードルの高い相手だと思われます。

だって、ガードしようにもパンチ力と多彩な打ち分けで圧倒されるものと想像できるから・・・。

 

その上体の柔軟さと強靭さは比較にならず、先日のアッサン・エンダム戦を見る限り現状の村田選手には荷が重い相手と思わざるをえないのであります。

 

年齢は村田選手より4つも上だけど・・・。

 

その強さについて手っ取り早く知りたい方は、次の動画が分かりやすいですね。

 

【ボクシング】ミドル級最強王者 ゲンナジー・ゴロフキン【GGG】

 

 

さてさて、村田陣営がどのような結論を出すのか注目されますね。

 

急に舞い込んだこれらのオファーを、チャンスと見るか、到達点と考えるか・・・。

あるいは・・・。

 

村田諒太選手の判断を、ただただ固唾をのんで待つばかりであります。

 

関連記事>>>ウスタボ・パディージャの画像やwikiは?WBA村田VSエンダム戦で謎のジャッジ

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 映画ギフテッドのネタバレ&あらすじ!子役マッケナ・グレイスが気になる!
  2. 柳美稀プロフィール!出身高校や兄弟は?出演作品や画像もチェック!
  3. 坂上忍が1億円つぎ込む競艇はどのレース?2016年大晦日にボートで5億稼ぐ?
  4. 下剋上受験のスカジャン!深田恭子&阿部サダヲのブランドや値段と購入方法
  5. 映画『ラプラスの魔女』あらすじ&ネタバレ!原作の脚色部分を大胆予想!

関連記事

  1. 夏目新吾 イメージ
  2. スポーツ・競技

    東京五輪の裏金問題に電通が関与?日本のメディアは自主規制か?

    東京オリンピックの招致に関する裏金疑惑の問題・・・…

  3. モデル

    アリサマニョノクのWiki!美しい経歴やインスタグラムをチェック

    リオデジャネイロ五輪の女子バレーボールで注目される…

  4. スポーツ・競技

    【動画】コンタ対ハレプ戦!観客の悲鳴で試合終了!ウィンブルドン大荒れ

    英国ロンドンのウィンブルドンで開催中の女子テニス・シングルスの準々決勝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

カテゴリー

最近の記事

  1. 来栖の読み方
  2. ゴルフ松山英樹

おすすめ記事

  1. 芦田愛菜 イメージ
  1. 社会・生活

    パンセ(Perfumeドラマ)の洋館ロケ地はどこ?関東ローカルしか観れない?
  2. 芸人

    向清太朗(天津)のアニメの仕事とは何?年収800万の好きな仕事が気になる!
  3. トレンド・文化

    キャリー越前たんすの販売場所や値段は?山口祐弘の工房をチェック
  4. 芸能

    日本エンターテイナーライツ協会(ERA)とは?日米の芸能界の違いは?
  5. 社会・生活

    折り紙で女子高生?東大折紙サークルOristの完成度や展開図がヤバい!
PAGE TOP