人物(その他)

かこさとし(絵本作家)の代表作は?結婚や経歴と病気の状態は?

 

 

2018年1月5日、NHK総合「おはよう日本」で絵本作家かこさとし氏が特集され、注目を集めています。

 

御年91歳。

児童文学の研究者であり、工学博士でもあられます。

 

現在は出版を中心に活躍していて、これまでにも数々の絵本作品を世に出しています。

 

91歳と言えば第二次大戦を経験した世代であり、当時の経験は現在のライフワークとも言える創作活動にも多大な影響を及ぼしていると思われます。

 

どのような経歴をたどって来られた方なんでしょうか・・・?

 

 

スポンサーリンク
 

 

かこさとし氏のプロフィールをチェック

本名: 中島 哲(なかじま さとし)

ペンネーム: 加古 里子(かこ さとし)
※ 「里子」は俳号。かこさとし名義でも活動

生年月日: 1926年3月31日 91歳(2018年1月現在)

出身地: 福井県越前市(8歳より東京都板橋区)

出身高校: 成蹊高等学校 (旧制)

出身大学: 東京大学工学部応用化学科

肩書: 絵本作家、児童文学者、工学博士、技術士(化学)

かこさとし公式サイト: http://kakosatoshi.jp/

 

1948年に昭和電工に入社したかこさとし氏は、目黒区大岡山の会社の寮、川崎市下平間、溝口と転々としながら、研究者生活を送ります。

 

当時は戦後間もなく、焼け野原に行員住宅が続々と建ち始めたころだったと言います。

 

1955年には、同社の部長秘書を務めていた女性と結婚し、二女をもうけています

 

かこ氏は、同社に入社後すぐにセツルメント(福祉救援活動)紙芝居といった活動に精を出すようになります。

 

また、人形劇を学ぶために退勤後には劇団に足を運んだそうです。

 

最初に手掛けた絵本は1959年に発表した「だむのおじさんたち」で、ダムが人々の生活にどう役立っているのかを描いています。

 

1973年、47歳のときに昭和電工を退社してからは、「だるまちゃん」シリーズ、「かわ」「たいふう」といった科学絵本にいたるまで、幅広い作風で知られるようになります。

 

絵本の作風としては、失われゆく昔ながらの日本文化を題材にしたものが多いようです。

 

2008年には、「絵本作家、児童文学者としてのユニークな活動と、子供の遊びについての資料集成『伝承遊び考』全四巻の完成」が評価され菊池寛賞を受賞

 

2009年には、『伝承遊び考』で日本児童文学学会特別賞を受賞しています。

 

 

かこ氏は、もともと絵を描くのが好きだったようですが、1933年に東京板橋に転居した後、近所の絵が上手な子や小学校の放課後指導によってますます好きになったのだそうです。

 

ただ、当時は折しも戦争への気運が高まっているころ・・・。

 

東京府立第九中学校に入学したころには飛行機に乗りたいと思うようになったものの、視力が落ちたことにより断念しています。

 

成蹊高等学校に入学するも、2年生からは軍需工場に動員されました。

 

なかなか会えない学友との交流を目的に作った回覧誌に載せた俳句が、国語教師だった俳人の中村草田男氏の目にとまります。

 

このころ俳句の指導を受けるようになり、「里子」というペンネームは当時の俳号でもあったようです。

 

東京帝国大学工学部応用化学科に入学した1945年、疎開先の三重県で終戦を迎えたかこ氏は、19歳になっていました。

 

 

かこ氏の絵本作家としての原点は、まさしく戦争体験にあります。

 

一時は航空士官を志したかこ氏・・・。

 

「軍人にあこがれた自分にも責任がある」

として、戦後は企業に勤める傍ら、セツルメント(福祉救援活動)にも精を出したということのようです。

 

そのいずれにも100%以上の力で取り組んだと言い切るかこ氏。

 

なかなかに熱い思いをお持ちの御仁であります。

 

現在は緑内障を患っているそうですが、そのためかかつてないスピードで新作を描き上げたと言います。

 

しかも、「だるまちゃん」シリーズを3冊同時に発売すると言いますから、そのバイタリティーには眼を見張るものがありますね。

 

緑内障という病気は、程度にもよるみたいですが、ある程度は薬で進行を抑えられると聞きましたが、かこ氏の目の状態がどうなのか気になるところです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

かこさとし氏の代表作は?

かこさとし氏が手掛けた絵本の代表作と思しきものをご紹介してみます。

 

まずはこれ、「だるまちゃん」シリーズです。

「だるまちゃんとてんぐちゃん」が最初の作品になるみたいですね。

 

 

このシリーズ、間もなく3冊が新たに刊行されるそうですが、現時点では2017年12月に発売された「だるまちゃんとにおうちゃん」が最新作になります。

 

 

 

そして個人的に注目しているのが、これ、「とこちゃんはどこ」です。

 

 

日本版「ウォーリーをさがせ!」のように思われますが、実は、同じような趣向の絵本としては、この「とこちゃんはどこ」の方が先駆となる作品なんだそうですよ。

 

ほかにもとにかくたくさんの作品が発売されています。

 

>>>「かこさとし作品を探す(楽天市場へ)」

 

楽天市場でもズラッと出てきますんで、参考にしてみてください♪

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. パンセ(Perfumeドラマ)の洋館ロケ地はどこ?関東ローカルしか観れない?
  2. 猪瀬直樹のXVideosブックマーク画像!自らツイート流出!ある意味炎上中?
  3. IQOSに含まれる有害物質や副流煙の可能性は?電子タバコは紙よりヤバい?
  4. 【画像】Nスタが民進党の前原代表のテロップ間違って表示!ネット騒然
  5. ペンギン歩きで雪道を滑らず歩く方法!プロに学ぶ真髄をチェック!

関連記事

  1. テレビ番組

    Emaジャズシンガーの経歴や本名は?wiki風プロフィールでチェック!

    音楽通でも知られるフジテレビ「とくダネ!」のMCを…

  2. テレビ番組

    奈良岡希実子プロフィール!テレ東からミヤネ屋へ可愛い気象予報士

    気象予報士でお天気キャスターの奈良岡希実子さんが、…

  3. イベント

    野老朝雄(ところあさお)のWiki!東京五輪エンブレムは組市松紋!

    よぉ~やく2020年東京オリンピック&パラリンピッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人プロフィール

こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. インターネット

    ネットワーク通信障害8/25の原因は?先軍節のサイバー攻撃との憶測も!
  2. アイドル

    【画像】木村拓哉の事故現場!仙川町の交差点はどこ?車種はハマーH2か?
  3. テレビ番組

    【画像】スコラーロ姉妹とは何者?3人全員が可愛い石油王の娘?
  4. モデル

    橋本奈々未の卒業の本当の理由は?芸能界引退と病気療養との関係は?
  5. 映画・ドラマ

    シン・ゴジラ石原さとみのシーンでイイ匂い?するかしないか実体験で検証!
PAGE TOP