芸能

【まとめ】小室哲哉の引退会見で文春砲が大炎上!不倫報道ブームは終焉?

 

 

週刊文春による不倫疑惑報道を受ける形で、小室哲哉さんが2018年1月19日に会見を開き、音楽活動からの引退を表明した一件・・・。

 

芸能界内外に波紋を広げることとなり、その多くが報道のあり方に疑問を呈しているようです。

 

ここ数年、まるでブームであるかのように度々報じられるようになった著名人の不倫報道ですが、小室さんのケースを機に、世間の見方が大きく変わっていく可能性があるようです。

 

私のような輩も含め、野次馬的な心情の強い読者にとってはどうしても興味を惹かれるゴシップ系のネタですが、その結果生じるのは何とも不毛な結末ばかり・・・。

 

その非生産的とも言われる現象に対して、異議を唱える関係各方面や世間の声をまとめてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

 

小室哲哉さん電撃引退発表に関する著名人のツイート

ツイッター上では、音楽関係者のみならず、著名人からの文春砲に対する否定的なコメントが多数寄せられておりました。

 

中には今回の小室さんのケースを具体的に掲げてはいないツイートもありますが、内容やタイミングからして、何に対してつぶやかれたものかは一目瞭然といったところです。

 

かなり過激な表現のものもありましたが、可能と思われる範囲でご紹介してみたいと思います。

 

 

誤解を招くような行動をした小室さんではありますが、それをわざわざ追跡した上に大々的に公表する週刊誌報道。

 

その結果失われるものの大きさは計り知れない・・・そういった思いが大きいようです。

 

週刊誌側は部数を伸ばすために注目されるであろう記事を掲載しようと躍起になっているわけですが、今回のようなケースはあまりに非生産的だと・・・。

 

こんなブログを書いている野次馬オヤジの私としては耳が痛いところではありますが、これら一連の報道は、言われてみれば「余計なお世話」的なプライベートな話なんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

小室哲哉さんの会見と週刊文春報道に対するネット上の意見

小室さんの引退発表については、当然ながら一般の方々からも大きな衝撃をもってコメントが寄せられております。

 

その内容のほとんどが、やっぱり報道に対する疑問でありました。

 

A さん
小室さん 相当 疲れているように見える。
自身の病気 KEIKOさんの介護 仕事のストレス
で鬱状態なのでは?
今回の文春の記事が出なくても引退したのでは?
小室さんにとってA子さんは心の拠り所
だったと思う。
B さん
誠実な会見だったと思う。

きっとここまで言わないと世間や、メディアが納得しないと思ったのは伺えるけど、
なんか、率直に可愛そうだと思った。

いまの、メディアのあり方を本当に考えた方が良いと思う。

A さん
男性としての能力がなくてとか・・・
そこまで言わすのはどうなん?
そもそも今回の不倫が事実であっても引退する必要なんてないし、ケジメは家庭内の問題。
そもそも芸能人の不倫をネタにするのが流行りのマスコミがおかしいんじゃない?誰も得しない。
B さん
仕事や介護で、疲れ果てていれば
色んな話や、悩みを聞いてくれる人に
甘えてしまうのは、当然なのかもしれない・・

 

また、今回の会見で小室さんは、闘病中の奥様のKEIKOさんの状況についても詳しく話していました。

 

これについて、ジャーナリストの木村太郎氏は、次のような疑問を投げかけておりました。

 

「そこまでプライバシーの話を披露することなのかな。
ボクはちょっと許せない感じがします。
不倫どうでもいいんだけど、自分の奥さんのことを公的に言うのはありえないこと」

 

キャスターの安藤優子氏なども、似なような疑問を抱いていたようです。

 

これらのコメントに対して反応したネット上の方々のご意見も、あわせてご紹介しておきたいと思います。

 

A さん
そりゃ冷静に見れば妻の病を言い訳にしてるのかもしれないが、それだけ追い詰められてるって事だろうし、そんなに不快感は抱かないけどね
そもそも、個人のプライバシーを暴いて銭もうけするマスコミに、そんなご大層な高言垂れる資格あるのか?
不倫報道含め、そこまで追い詰める神経が到底理解できない
B さん
いや、この場合は言うべき。
ケイコさんの状態を包み隠さず言わないと、小室さんの苦労が如何に大変で過酷なものかが世間に伝わらないし、実際に介護疲れで自殺する現実も有る上で、尚更世間にありのままを伝える「責務」があると思うよね。で、無いと介護現場の実態・真実が、未だに「美談・美徳」で語られるドキュメンタリー番組のような世界と思われてしまう。これだけは絶対にしてはいけない。綺麗事で済まされないんだよ、介護現場は。
A さん
ミヤネ屋の春おじさんも木村太郎と同じこと言ってますね。話し過ぎ感は否めないですけど、どうなのかなとか許せないとかそこまで言わなくてもいいでしょ。
心身共に疲れ果ててる人に、そんな言い方しなくったって。
病気の人の心境になったことあるのかいな(怒)
支離滅裂になるといけないからまとめた文書も持参したわけで・・・。
言葉足らずになっちゃいけないと、色々付けたし付けたし、していったんじゃないですかね。勝手な想像ですけど。
小室さんも精いっぱい説明していたと思うなぁ。
B さん
安藤さんもすっごい冷たい言い方してたし、首傾げてましたよね。
なんか安藤さんへの見方が変わりそう。
しょうがないじゃない、KEIKOさんの気持ちを考えないのとか言うけどさ、どうしようもなかったんでしょ。

しゃべらなければ、それはそれでどうせ質問攻めだったんじゃない?
聞かれる前にしゃべったんだから、良いじゃない別に。

 

さてさて、すっかり炎上状態となった文春砲でありますが、もしかしたら小室さんが引退するまでに至るとは思っていなかったかもしれません。

 

小室さんご本人は、還暦を迎える今年11月27日での引退を決めていたとのことですが、今回の報道がそれを早めることになったのは事実・・・。

 

このバッシングはしばらく続くような気配ですし、もしかしたら不買運動にまで発展する可能性だってないとは言えないでしょう。

 

そうなれば本末転倒・・・。

 

報道の自由とかプライバシー云々といった問題の前に、読者の立場から見た印象というものを考えた方が良かったのかも知れません。

 

誰かも言っていましたが、本気でスクープして欲しい対象はもっとほかにいるはず。

 

文春砲の機動力は、世間がスッキリするような報道にこそ活かして欲しいと考える人が多いようです。

 

これからの世間の反応が今後の報道傾向にどんな影響を与えるのか、あるいは何にも変わらないのか、興味深く観察してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. トミカ福袋2018中身ネタバレ!値段や予約情報は?トイザらスは大丈夫?
  2. 滝沢カレンの恋人御曹司A氏は誰?彼氏が経営する飲食店やバンドが気になる!
  3. キンコン梶原をスルーした人気女性歌手は誰?電話番号交換は夢だった?
  4. 成宮寛貴の復帰はフェイクニュース?相棒脚本の輿水泰弘氏の否定で騒動に
  5. 吉方位2017!本命星(生まれ年)による分かりやすい吉凶方位の一覧

関連記事

  1. トレンド・文化

    オタマートのフリマアプリとは?おそ松さん詰合せに爪合せで詐欺?

    フリマアプリのオタマートで詐欺報告が相次いでいるよ…

  2. トレンド・文化

    金のエンゼル2倍で当たりの確率は?森永チョコボール販売期間と見分け方も!

    お菓子の「当たり」と言えば、森永チョコボールの「おもちゃの缶詰」を思い…

管理人プロフィール

こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活に見切りをつけ、現在は気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。

皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールこちら!

【生息地】
全国津々浦々

【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)

【身長】
174.5cm

【体重】
80kg前後で季節により変動

【血液型】
A型

【趣味】
執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒

【特技】
方位学、タロット占い

【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯

【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子

七転び八起き、今日も切なく生きています!

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. あの イメージ画像
  1. 年中行事

    年末ジャンボ宝くじ2017が当たる吉方位!売り場を選ばず方位学で開運する方法
  2. 社会・生活

    平井駅の痴漢冤罪&強制執行の経緯は?証言者多数も電車が大幅遅延!
  3. テレビ番組

    大久保桜子が岐洲匠と熱愛?自宅マンションはどこ?2ショット画像もチェック!
  4. 衆議院選挙2017

    衆議院選挙2017神奈川県の立候補者一覧!小選挙区名簿と当落の行方をチェック
  5. トレンド・文化

    ポケモンGOを13歳未満の小学生がプレイする方法!年齢制限をクリアするには?
PAGE TOP