五輪ボランティア制服のデザイナーは誰?藤江珠希の経歴や言い分をチェック!

この記事は4分で読めます

 

gorinvolunteerimage1

スポンサーリンク


出典:saigaijyouhou.com

 

 

小池百合子東京都知事が新たな懸案を提示しましたね。

 

2020年東京五輪&パラリンピックのボランティアの制服について、

「躊躇(ちゅうちょ)なく変えていきたい」

と明言した一件でであります。

 

これまで相次いで「ダサい」と酷評されてきたこの制服・・・。

ファッションにこだわる小池都知事からすれば、見逃すことができないってことでしょうかね?

 

そう言えば幼い頃、近所の公園で同じような格好をした男性が、風船で動物の形を作って配るというパフォーマンスをしていましたっけ。

 

鼻には赤いボールがくっついていましたけどね・・・。

ま、似たようなイメージだってことですよ。

 

でもこれ、若手ながら名のあるデザイナーが絡んでいると言うし、どうしてこんなデザインが採用されたのか、ちょっと気になりますよね?

 

スポンサーリンク


 

東京五輪&パラリンピックのボランティア制服は藤江珠希がデザイン

報道によれば、東京五輪&パラリンピックのボランティア制服について、小池都知事は定例会見で次のように語っているそうです。

 

ちゅうちょなく変えていきたい。

申し訳ないけど、色もバラバラ。「これを着たいからボランティアになります」という話も聞いていない。

より研ぎ澄まして、都民が着たいものにすることが東京のPRになる。

 

引用元:asahi.com

 

かなり辛辣なご意見をお持ちの様子・・・。

 

これらの対応に向けて、コシノヒロコさんら著名な人たちによる「東京ブランドのあり方検討会」なるものを11月25日にも立ち上げて、協議に入るとのことです。

 

こんな辛い状況に直面しているのが、この制服をデザインした藤江珠希さんということになるんでしょう。

fujietamakiimagemain
出典:pbs.twimg.com

 

その経歴をちょっぴりご紹介しましょう♪

 

2003年 立教大学社会学部を卒業後ヨーロッパに渡り、アントワープ王立芸術アカデミーへ。

2009年6月 イギリスのセントマーチンズ美術大学のファッションプリント科を卒業。

 

在学中から著名なデザイナー、アレキサンダー・マックイーンの元で修行していたそうです。

 

卒業制作のコレクションは多くのメディアに取り上げられるほど話題になったそうな・・・。

 

2010年 帰国してテキスタイルデザイナーとしての活動をスタートし、デザイン事務所スタジオブラックオペラを設立。

2013年 ウィメンズウエアのオリジナルライン「タマキ フジエ(TAMAKI FUJIE)」を発表。

2014年 「Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」にて、初のファッションショーを行って注目を集める。

 

といった感じで、かなり洗練された教育を受けた注目すべきデザイナーさんだということが判りますね。

 

スポンサーリンク


 

東京五輪ボランティア制服はどうしてこうなった?

gorinvolunteerimagemain
出典:fashionsnap.com

 

さて、このボランティアは、主に外国人観光客を相手に活動するわけで、確かにその外見にはセンスが問われると思います。

すでにものすごく酷評されちゃっているし、見直すことも一案かも・・・。

 

でも、舛添さん時代とは言え、採用したのは東京となわけですよね?

それに、藤江珠希さんだって100%自分のアイデアでデザインしたわけじゃないと思うんですよ。

 

つまり、都からの注文というか条件というか、あれこれ指示出しがあったんじゃなかろうかと・・・。

 

で、調べてみると、コンペにおいて次のような条件が出されていました。

 

男女兼用で4サイズ展開のポロシャツと帽子、バッグを製作する

ポロシャツの後ろ身頃には公募で決まるボランティアチームの名前(『おもてなし東京』に決定)がプリントされる

「街を歩く人と間違えられるような服ではなく、ポロシャツでありながらわかりやすくて、なおかつ正装感を出したい

 

引用元:fashionsnap.com

 

これらを前提に、藤江さんはデザインを模索したわけですね。

で、試行錯誤の末に完成したデザインを、コンペの審査員らが採用したんです。

 

顔ぶれは、都の役人ら、ファッションの専門家、そしてボランティアに従事する人たちも含まれていたと言います。

 

結果として、ネット上を中心にあれこれ酷評されちゃったわけで、藤江さんがちょっぴり気の毒な感じもしますね。

 

で、今回、小池都知事にまで変更を示唆されちゃって、きっと肩身の狭い思いをされていることでしょう・・・。

 

当初、このデザインは幅広い年齢層が着用することを念頭に考えられたそうです。

様々な体型の人に合うよう、シルエットにも工夫が施されているんだとか・・・。

 

しかし、藤江さんが提出したデザインにはなかった帽子の日の丸が追加されていたりして、

 

「東京都の役人からあり得ないような注文をいくつも押し付けられ続けた成れの果てなのではないか」

 

といった声が上がったそうです。

 

fujietamakidesineimage
藤江さんのデザイン画 出典:fashionsnap.com

 

でも、これに対して藤江さんは、

 

「権利上の問題などで変更になった点もありますが、私なりにベストを尽くしてデザインさせて頂きました」

「(ネット上の酷評が)ボランティアをしたいと考えている方々に影響が及ぶことを危惧しています。ボランティアスタッフの方々のために、できる限りのことはしていきたいと考えています」

 

引用元:fashionsnap.com

 

と回答してます。

 

藤江さんのほかのデザインを拝見すると、実用性とスタイリッシュな雰囲気を共存させた素敵な作品が多く見受けられます。

 

なるほど評価されるだけの逸材なのだなぁ~と感じるわけであります。

 

それだけに、今回の五輪ボランティア制服の件、ぜひとも藤江さんに名誉挽回のチャンスを与えてほしいと思うんですがね。

 

【参考】Yahoo!ニュース Twitter

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. senkakumondaiimage
  2. yamazakimomokoimage
  3. scolaroimage1
  4. 59d21e010fe058121984ea15ac668ad4_s2
  5. akaedatsuneoimage
  6. ooguchiiinimage
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活のストレスから頭がヴォーン!となりまして、現在気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。
皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールはこちら!

【生息地】
静岡県
【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)
【身長】
174.5cm
【体重】
80kg前後で季節により変動
【血液型】
A型
【趣味】
ビリヤード、ギター、映画鑑賞、テレビ鑑賞、読書(小説、漫画を中心になんでも)、執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒
【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯
【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子
【常備薬】
パキシル、トレドミン、フェブリク

七転び八起き、今日も切なく生きています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る