木製ジャングルジム火災の原因は?おが屑に投光器を使った理由が気になる!

この記事は3分で読めます

 

mokuseijunglegimimage4

スポンサーリンク


出典:twitter.com

 

明治神宮外苑の軟式球場内で開催された「東京デザインウィーク2016」なるイベント会場で惨事です・・・。

 

日本工業大学のクラブ「新建築デザイン研究会」(※7日の会見で建築学科と生活環境デザイン学科の学生の有志による40人弱のグループだったと訂正)が出展していたオブジェ「木製ジャングルジム」が燃え、5歳の男の子が亡くなりました。

 

いったい何が原因で出火したと言うんでしょうか・・・?

 

スポンサーリンク


 

木製ジャングルジムとは?その造形や展示の状況をチェック

テレビ報道の目撃者の談によれば、出火から数分で4メートルほどの炎が上がったとのことです。

その炎は、木製ジャングルジムの2倍から3倍ほどの高さにまで立ち上っていたそうな・・・。

 

オブジェの内部にはおが屑(かんな屑)が大量に入れ込んであり、夜間にはその内部からライトアップされていたと言います。

 

このライト、日本工業大学側の会見では「LEDライト」とされていましたが、一説には「白熱灯」とも、「投光器」ともされており、出火の原因であった可能性を指摘されています。

 

また、下部には木製チップのようなものが敷き詰められていたとか・・・。

 

木製ジャングルジムの内部に大量のおが屑が用いられた理由は、日本工業大学側の会見によれば「アート表現のため」だったそうです。

 

どんなモノだったんだろう? と確認してみると、思わず目が点になります。

 

 

mokuseijunglegimimage
出典:twitter.com

 

 

子供が自由に入ったり登ったりできる展示趣向だったそうですが、確かに子供が興味を持ちそうな外観ではありますね。

 

もっとも、これを見ただけで呼吸器系に悪影響がありそうな気がして、私だったら躊躇するところです。

 

しかも、この内部からライトアップしていたという話・・・。

 

 

mokuseijunglegimimage3
出典:twitter.com

 

 

なるほど、なんとなくアートな趣にはなるようです・・・。

 

この木製ジャングルジムの展示名称は「素の家」と付けられており、建造物についての原点回帰をテーマにしたかのような印象です。

 

mokuseijunglegimimage2
出典:twitter.com

 

よく見ると、けっこう角材をそのまま使っている感じ・・・。

 

材木の角とか、子供の柔肌を傷つける危険性もあるのでは? って、ちょっと気になります。

ただの展示物ならイイけど、子供を遊ばせるにはこの時点でアウトだと思っちゃいます・・・。

 

スポンサーリンク


 

木製ジャングルジム火災の出火原因は?

で、問題の出火原因ですが、この報道を目にした多くの方々が「おが屑+ライトアップ」が火元だと断定しているようです。

 

 

 

本当に投光器を使っていたとすれば、こりゃあまりにも不細工な話です・・・。

 

私も失業中に日雇い派遣で工事現場を何度が経験していますが、この投光器とやらはすごく熱くなるんですよ・・・。

 

これをおが屑の中に埋め込んだりしたなら、そりゃ時間の問題で発火するでしょうね。

私程度のおつむでも想像できます。

 

先述のとおり、大学側の会見では「LED」と明言していましたが、事実はどうだったんでしょうか・・・?

 

もちろん出火の原因を、誰かしらのタバコの吸殻とか、不審火とか、ほかにも想像はできます。

でも、イベント会場という現場のイメージからすると、ちょっと考えにくいようにも思いますね。

 

いずれにしても、事前にチェックしたでしょうし、誰も危険性を指摘していなかったのか、すごく不思議であります。

 

この一件、誰がどう責任をとるのか・・・。

 

亡くなったお子さんのお父さんが必死で救出にあたったと聞きました。

目の前で自分の子が・・・想像しただけで胸が締めつけられます・・・。

 

【追記・・・2016/11/7】

やっぱり・・・という状況が明らかになってきました。

 

四谷署によると、ジャングルジムの中心部分には、木くずが絡みつくように飾り付けられ、上下からライトアップされていた。

本来はLED電球だけで照らすことになっていたが、作業用に持ち込んだ白熱電球が付いた投光器も使い、下からも照らしていたとみられる。

署は、この白熱電球の熱が木くずに伝わって燃え広がった可能性があるとみており、7日午前、業務上過失致死傷容疑で現場検証を始めた。

照明器具などを販売する事業者でつくる日本照明工業会によると、白熱電球はLED電球に比べて表面温度が高くなるため、火災のリスクが高いという。

引用元:livedoorニュース

 

誰の発案かは判りませんが、あまりにも軽率・・・。

白熱電球を使うことで、熱によってかんな屑が発火することくらい、予測できなかったんでしょうか・・・?

 

実に残念な話であります・・・。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 和哉
    • 2016年 11月7日

    呼吸器系がどうとか角が危ないだとかいう指摘はもしそういう事があるとしても
    怪我一つしないままに大人になるほうがよほど危ないので、過保護な親のほうが個人的にはアウトですが
    (親が永遠に保護し続けられるなら別ですが)
    投光器は流石に常軌を逸してると思いますし、普通なら燃える可能性が高いのは分かるでしょうに・・・

      • jiro
      • 2016年 11月7日

      なるほど、確かに過保護は悪影響しますね。
      考えたら私ら世代では、もっと危険な状況に囲まれて子供時代を過ごしたわけだし・・・。
      貴重なご意見、ありがとうございます!!

    • 桜井誠を支持する禿ネズミ
    • 2016年 11月10日

    投光器を燃えやすい木くずに近づければ、
    火災が発生する原因になるのは常識ではないか。
    危険予知の感性が欠けている。
    まして工業系の大学生だろ。
    学業に励むのも良いが、もっと世間一般の常識てきな事も勉強すべき。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活のストレスから頭がヴォーン!となりまして、現在気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。
皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールはこちら!

【生息地】
静岡県
【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)
【身長】
174.5cm
【体重】
80kg前後で季節により変動
【血液型】
A型
【趣味】
ビリヤード、ギター、映画鑑賞、テレビ鑑賞、読書(小説、漫画を中心になんでも)、執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒
【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯
【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子
【常備薬】
パキシル、トレドミン、フェブリク

七転び八起き、今日も切なく生きています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る