常岡浩介の安否やプロフィールは?ISと関係?家族と妻もチェック!

この記事は3分で読めます

 

フリージャーナリストの常岡浩介さんの身柄が拘束されたというニュースを見て一瞬だけ愕然・・・一瞬だけ・・・。

 

取材に入っていたというモスルはISの支配下だし、またもや志ある日本人が!? って思ったからであります。

 

でもよく見たら、常岡さんを拘束したのはクルド自治政府当局だそうで、命にかかわることはないだろうと勝手に判断。

 

クルド自治政府は、アメリカが中心の有志連合とともにイラク軍を支援し、ISからモスルを奪還しようとしている側だし・・・。

 

もっとも、ちょっと予断を許さない状況もあるみたいではありますが・・・。

 

スポンサーリンク


 

常岡浩介氏のプロフィール!家族や妻の情報は?

では、まずは常岡浩介さんのプロフィールについてザックリとご紹介します。

tsuneokakousukeimage

スポンサーリンク


出典:matome.naver.jp

 

名前: 常岡 浩介(つねおか こうすけ)
生年月日: 1969年7月1日 47歳(2016年11月現在)
出身地: 長崎県島原市
学歴: 早稲田大学人間科学科
職歴: NBC長崎放送報道部記者

 

ウィキペディアによれば、大学生のころに訪れたアルジェリアやリビアの現状と、日本に伝わるそれとのギャップを目の当たりにし、ジャーナリストになることを決めたみたいですね。

 

1998年に4年間勤めた長崎放送を退社して、フリージャーナリストとしての活動をスタートしています。

 

そして気になるポイントとして、2000年にイスラム教に改宗したという事実があります。

 

改宗後の名前は「シャミル」と呼ぶんだそうで、ちょっと意味は分かりません・・・。

( ̄▽ ̄;).。oO

 

改宗した理由は判然としないけど、もしかしたらイスラム圏への取材のための自己防衛的な措置だったのかも・・・なんて勝手に想像しました。

 

 

ご結婚や家族についてですが、以前、女優で小説家の前川麻子さんと婚約していたそうですが結婚に至らなかったとの話があります。

 

その後はとくに情報もなく、おそらく現在も独身ではないかと考えられます。

 

 

で、常岡さんってば、過去にも何度か、いや何度も身柄を拘束された経験がおありなんですね。

それらを列記すると次のような感じです。

 

2001年 チェチェン共和国のアバハジアで行方不明になる。

2004年 イングーシ共和国でロシアの秘密警察に拘束され強制退去になる。

2010年 アフガニスタンで誘拐される。

2011年 パキスタンで拘束される。大量の蚊にさされデング熱に感染。

 

見る人によってはなんとも人騒がせな方であります。

 

もっとも本人は強い志のもとに活動しているわけでして、人に迷惑をかけようなんてこれっぽっちも思っていないんでしょうけどね・・・。

 

スポンサーリンク


 

常岡浩介氏が拘束された理由や安否は?ISとの関係もチェック

さて、常岡さんを拘束したのがISに敵対する側であるというだけで安心しちゃった私ですが、ちょっと不安な要素もあるようなんです。

 

それが、常岡さんとISなどの過激組織との関係であります。

 

以前、常岡さんはISとの対話ができることを自身のSNS上で明かしています。

 

警視庁公安外事三課に対して、私戦予備陰謀事件というでっち上げの違法捜査には協力しないと申しましたが、邦人の人命救助のためなら外務省にも、警察にも喜んで協力します。
私とハサン中田考先生はイスラム国と交渉が出来ます。

(中略)

日本政府がオマル・グラバ司令官の身柄の安全を保証し、私とハサン先生を交渉人として認めてくれれば、私たちは湯川さん、後藤さんの解放をイスラム国に直接、訴えることができます。

(中略)

現時点で、外務省からも、警察からも、連絡などは一切ありません。日本政府が独自にイスラム国と交渉し、人質を解放させられる見通しと自信があるのなら、問題ないと思いますが、そうでないとしたら、なぜ、連絡がないのか、首を傾げます。

引用元:plus.google.com

 

これまでの取材経験をとおしてISとの接点を見出し、先方からも信頼できるとの判断をされた・・・ということなんでしょうかね?

 

常岡さんの思想がどんなものかは存じ上げませんが、ISなどの過激組織との親密(?)な様子を想像させる投稿も見受けられます。

 

 

 

先方にとって常岡さんは、交渉するに足る稀有な存在の日本人ってことなんでしょう。

 

これらの画像に写る常岡さんが、いずれも嬉しそうな笑顔であることが大いに引っかかる私であります・・・。

 

どのような視点からモスルの取材に当たっていたのか知りませんが、これらの交際とその経緯から、IS側のスパイとして疑われた可能性もあるのかも・・・!?

ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ

 

だとすれば、そうそう容易に帰してはくれないような気もするんですが、どうなんでしょうね・・・。

 

今後の情報に注目していくしかなさそうです。

 

【参考】Yahoo!ニュース Twitter

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 出典:headlines.yahoo.co.jp
  2. ritakunbokinimage3
  3. bonvivantimage1
  4. AdolfHitlerimage
  5. kawaigichoimage4
  6. hawaiianimage
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者プロフィール



こんにちはぁ~♪
このブログを運営管理しているジロ(JIRO)と申します。

長年の社会人生活のストレスから頭がヴォーン!となりまして、現在気ままな無職の独身中年男でございます。

日々の生活の中で気になった出来事や社会現象について、気まぐれに好き勝手なことを綴ってまいります。
皆様と多少なりとも好奇心の共有ができましたら幸いに存じます♪

そんな私のプロフィールはこちら!

【生息地】
静岡県
【同世代の芸能人】
斉藤和義、大槻ケンヂ、トータス松本などなど(敬称略)
【身長】
174.5cm
【体重】
80kg前後で季節により変動
【血液型】
A型
【趣味】
ビリヤード、ギター、映画鑑賞、テレビ鑑賞、読書(小説、漫画を中心になんでも)、執筆、お絵描き、人間観察、近所の猫と親しくなること、飲酒
【好物】
家庭的なカレーライス、オムライス、豚肉、鶏肉、ラーメン、玉子かけご飯
【恋愛対象】
女性、色白で華奢な笑顔の可愛い優しい女の子
【常備薬】
パキシル、トレドミン、フェブリク

七転び八起き、今日も切なく生きています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る